大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

ニキビ跡の赤みに保湿は間違い?おすすめのスキンケア方法

      2015/11/10

099302

ニキビ自体はせっかく治ってきたと思っても、ニキビ跡の赤みだけがずっと残ってしまうときがあります。

ニキビとは違い、なかなか治らなくてブルーな気持ちになりますよね。

ニキビ跡の赤みには、保湿がいいという話があったり、逆に保湿はよくないといった話も聞きませんか。

反対のことを聞くと、一体どうするのが正解か、不安になりますよね。

そこで今回は、ニキビ跡の赤みと保湿について考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


ニキビ跡の赤みの正体は肌の炎症

ニキビ跡は、どうしていつまでも赤く残ってしまうのでしょうか。

それは、ニキビができて強い炎症を起こしたときに、肌の毛細血管が集まって、そこが赤く見えます。

その集まった毛細血管が、ニキビが治ったあともずっと残っている状態なんです。

従って、肌の炎症による赤みがいつまでも消えないということになりますね。

炎症を抑えるためには、保湿はあまり関係ないように思えますよね。

だから、ニキビ跡の赤みに保湿はいけないという意見があるのでしょう。

しかし、保湿をすることでターンオーバーが活発化するので、保湿がニキビ跡の赤みを治すのに無関係というわけではありません。

ニキビ跡の赤みをなるべく早く治そうと思ったら、積極的に保湿を行うべきです。

ただし、ニキビができやすい方の場合、乳液やクリームをたっぷり使って保湿することは、化粧品の油分がニキビの原因になることがありますので気をつけましょう。

ビタミンC誘導体やイオン導入がおすすめ

ニキビ跡の赤みを早く治したいときの保湿の方法を紹介します。

ニキビ跡の赤みがあるときにおすすめの成分は、ビタミンC誘導体です。

保湿の際にはビタミンC誘導体入りの化粧水を選ぶとよいでしょう。

ビタミンCは肌によいと言われますが、食べたり、直接肌に塗っても、肌の奥深くまでは届きません。

そこで、ビタミンCを肌の奥まで浸透しやすく改良されたものが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、肌の炎症を抑えてくれる働きがあります。

ですから、炎症によって赤くなるニキビ跡の赤みには、ぴったりの成分なんです。

さらに、イオン導入美顔器を使うと、成分がたっぷりと肌の奥へ浸透しやすくなります。

イオン導入を使うと、手をコットンで化粧水を付けたときよりも、美容成分の浸透性が高くなります。

その浸透性は、数十倍にもなるので、ただ化粧水を付けるよりも、効果は絶大です。

 - ニキビ跡

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

187090
ニキビ跡の赤みは水洗顔で消える?皮脂を取らないスキンケアは有効か

  今、話題口コミなどで話題になっているスキンケア方法の中で、水洗顔と …

481434
黒ずんだニキビ跡ができてしまった|紫、茶色、あなたはどのタイプ?

できてしまったニキビ跡、放っておけば治るかな? と思っていても、なかなか治らない …

087017
赤いニキビ跡に美白化粧品は効くの?肌の色素沈着を消す成分

美白化粧品で治せるニキビ跡の種類 ニキビが跡になると焦りますよねー。このまま消え …

089647
ニキビは潰すと早く治る?コメドプッシャーで跡を残さないコツ

ニキビができてしまったら、跡を残さないためにもなるべく早く治したいものです。 ニ …

361656
ケミカルピーリングはクレーターに効果がある?自宅でニキビ跡はケアできるか

ひどいニキビができたあとやうっかりニキビを潰してしまったあとに、肌に穴が開いてク …

no image
ニキビ跡の赤みにハイドロキノンは効果がない理由|正しい化粧品の選び方はこれ

ハイドロキノンは茶色いシミにのみ効果があります。 ニキビ跡やシミなどに高い効果が …

288673
ニキビにキズパワーパッドは悪影響|炎症が悪化する理由とは

絆創膏を貼るのに比べて、傷跡が残りにくく、治りも早いキズパワーパッド。 別名は「 …