大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

ニキビにビタミン剤が効かない|サプリの取りすぎは肌に悪影響

      2015/11/11

ビタミンがニキビを治すわけではない

097036

肌によい栄養素といえば
誰でも「ビタミン」と答えるでしょう。

そしてニキビができたり肌が荒れたりしたとき
取りあえずビタミン剤を飲んでいる方も
たくさんいらっしゃると思います。

でも、ちょっと待ってください。
ビタミン剤を飲むと本当にニキビが治りますか?
ニキビが治らなくても取りあえず肌にいいということで
飲み続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ビタミン剤やサプリメントに入っているビタミンは
主にビタミンB2とビタミンB6です。
ビタミンには皮脂を抑制する作用があるので
ビタミンが不足するとニキビができやすくなります。

かといってビタミンをたっぷり取っていさえすれば
ニキビができないとは限りません。

確かにビタミンには皮脂を抑制する効果がありますが
ニキビができる原因はほかにもたくさんあります。
ビタミンはニキビを治す栄養素ではありません。

ビタミンは補酵素と呼ばれるもので
体のなかで補助的に働くものですから
ビタミンを取れば取るほどお肌によいというわけではないのです。

ビタミンが不足するとニキビができやすなるのは正解ですが
ビタミンをたくさん取ればニキビが治るという考えは
間違っているということです。

ですから、ビタミン剤を飲んでもニキビが治らない場合は
ニキビができる原因がビタミン不足以外にあるということです。
このような場合は、いくらビタミン剤を飲み続けても
ニキビが治ることはないでしょう。

サプリメントの取りすぎによる有害作用の可能性

ビタミンは体によいものなので
たくさん取れば取るほどよいというイメージがありますが
取りすぎによるデメリットもあります。

ビタミン剤や栄養ドリンクなどを飲むと
おしっこが黄色くなることがありますよね。

ビタミンBは水に溶ける性質を持っているので
吸収されなかったビタミンがおしっこに混じって
黄色いおしっこになるんです。

ですから、ビタミン剤をたくさん飲んでも
余計に取りすぎた分は体外に排出されるので意味がありません。

余分なビタミンはおしっこと同じように
汗にも溶けて体外に排出されます。
ビタミンは酸っぱい臭いがするので
汗にビタミンがたくさん含まれていると体臭の原因になるんです。

また、ビタミンが含まれるサプリメントには
いろいろな有害性も指摘されています。

ビタミンBの一種である葉酸の取りすぎは
大腸癌のリスクを高めるという報告がありますし
コエンザイムのサプリメントには
心疾患を高めるという報告もあります。

ビタミン剤を飲むときには「肌にいいから」と
何となく飲み続けるのではなく
忙しい日が続いて食生活が乱れているときなどに
足りないビタミンを補給するような気持ちで飲みましょう。

 - サプリメント

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

097036
ハイチオールCでニキビ跡は治る?L-システインの効果とは

ニキビによいというもので有名でドラッグストアでも簡単に買うことができるサプリに、 …