大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

ダラシンTゲルの効能|皮膚科の薬を効果的に塗るには?

      2015/11/11

ダラシンTゲルとは?

078866

ニキビ治療で皮膚かに行ったときに
よく処方される塗り薬は
ダラシンTゲルというものです。

ニキビ治療薬には副作用があるものもあり
使うのが怖いといった方もいらっしゃると思います。
そこで今回はダラシンTゲルの成分や
正しい塗り方についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


ダラシンTゲルにはグリンダマイシンという抗生剤が入っています。
炎症を抑える効果がありますので
炎症の強いニキビや赤ニキビができているときには
大抵この薬が処方されると思います。

ダラシンTゲルが発売されたのは2002年ですが
それよりも前から皮膚科の先生達の間では
グリンダマイシンをアルコールに溶かしたものを塗ると
ニキビがよくなるということがわかっていました。

病院によっては自分の病院でグリンダマイシンを調合して
独自に処方しているところもありました。

グリンダマイシン入りの塗り薬をつくってほしい
そんな先生達の声から製品化されたのが
ダラシンTゲルという商品名のお薬です。

そのような経緯からできたお薬ですので
ニキビに対する効果はほかのお薬に比べても
高いことが期待できます。

効果的な使用方法

ニキビの塗り薬を使うとき、副作用が気になるので
ニキビができているところだけ「ちょん」と使っている方も
多いのではないでしょうか。

しかし、ニキビ治療薬の場合は
できてしまったニキビを治すというよりも
ニキビがひどくなることを抑えたり
新しいニキビができるのを予防する目的の法が大きいんです。

ですから、ニキビがあるところだけでなく
ニキビの周り、次のニキビができるかもしれないところにも
広い範囲で塗ることが大事です。

薬の塗り方を間違っていたら
せっかく病院での治療を受けても意味がありません。
薬を使うときは自己判断は絶対にしないで
皮膚科の先生の指示に従うようにしましょう。

また、皮膚科に行って塗り薬をもらっても
それだけにニキビを完治させることは難しいです。

ニキビの原因は複雑です。
特に大人ニキビの場合は体質的な問題も絡まって
ますます複雑になっていきます。

ですから、体の内側の問題を解決しない限りは
根本的な解決にはなりません。

そのためいったんニキビが治っても
またニキビが再発してしまうことになりますので
飲み薬と並行しての治療が大事になっていきます。

 - 皮膚科の薬

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

092965
ディフェリンゲルでニキビが悪化|皮膚科の選び方のコツ

随伴症状が辛いディフェリンゲル ニキビ治療薬として一番効果が高いとされるのがディ …

040639
ディフェリンゲルの皮むけはいつまで続く?対処法と保湿の順番

ディフェリンゲルの副作用は約2週間続きます ニキビ治療の目的で病院に行ったときに …

092965
保険適用内でできる3つのニキビ治療|皮膚科へ行く前にcheck

ニキビはきちんと洗顔をしなかったり、生活習慣の乱れからできると言われています。 …

104725
ディフェリンゲルとピーリングの併用は可能?ニキビ治療薬の使い方

ディフェリンゲルとピーリングの効果は同じ ニキビ治療で皮膚科に行くと 大抵はディ …