大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

肌を傷めない毛穴パックのヒント|毛穴の目立ちを抑えたい方へ

      2016/11/22

 

090213皆さんは角栓のケアってどうしていますか。

顔の中でも鼻は角栓が溜まりやすいところです。

鼻の角栓って、ちょっと油断するとすぐにできてしまいます。

ファンデーションを塗ってもボコボコした感じが余計に目立ってしまうんですよね。

スキンケアをさぼってる人みたいな感じで、見た目にも不潔な感じがします。

ちゃんと毎日洗顔してるんですけどね……。

スポンサードリンク

角栓があるところには、ニキビもできやすくなります。

毛穴が角栓でふさがれているところにアクネ菌が大量発生すると、お肌が炎症を起こし、大きな赤いニキビになってしまうことがあります。

そうならないためにも、角栓ができたらなるべく早く対処しましょう。

でも、角栓は洗顔しただけではなかなか取ることができません。

鼻の角栓を取り除くものとして代表的なものが毛穴パックでしょう。

簡単ですぐに角栓を取り除けると人気の毛穴パックですが、肌によくないとも言われます。

肌を傷めるのでなるべく使わないほうがよいなどという話を聞いたこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、そもそも毛穴パックを使っていいの? という問題から、なるべく肌を傷めずに角栓を取り除く方法についてご紹介したいと思います。

普段の角栓ケアはピーリングか酵素洗顔で

毛穴パックは、なるべく使わないほうがいいのですが、やはり刺激は強いです。

絶対に使ってはいけない!というわけではありませんが、普段から頻繁に毛穴パックを使うのは、肌を傷める原因になっしまいます。

そうはいっても、普通に洗顔をしただけでは、角栓はなかなか取れてくれないんですよね。

角栓の主な成分はタンパク質です。

洗顔料に含まれている成分は皮脂を落とすためのものです。

ですから、角栓のタンパク成分は普通の洗顔料では落ちづらくなるのです

酵素洗顔は、普通の洗顔料とは違い、酵素の力汚れを落とすので、タンパク質由来の汚れも落としてくれます。

人によっては角栓がたまりやすい肌質の方もいらっしゃいます。

毎日の洗顔を酵素洗顔に買変えてみるのもよいでしょう。

毛穴パックを使用すると肌を傷める?

確かに毛穴パックは、強い粘着力で角栓を引っ張り出すために、刺激はとても強いものになっています。

ただし、洗顔やピーリングをしても角栓が詰まって目立つ、ザラザラが気になるという場合はもあるでしょう。

そんなときは、毛穴パックで手っ取り早く角栓を取っちゃうのも一つの方法です。

先ほども言いましたように、角栓はファンデで隠れるものではありませんし、ニキビの原因にもなります。

なるべく早く角栓を除去することに越したことはありません。

ただし、毛穴パックをやりすぎると、刺激によって毛穴が広がり、余計に毛穴が広がってしまう場合があります。

角栓を取り除いても毛穴が小さくなることはありません。

毛穴パックで角栓がたくさん取れるのはとても快感ですが、気持ちがよいからといって使いすぎには注意しましょう。

使う頻度は、多くても2週間に1回程度にしてください。

オロナインを使う裏技?!

なるべく肌を傷付けないで毛穴パックを使う裏技として、毛穴パックをオロナインと組み合わせて使うという方法が口コミで広がっています。

やり方は簡単。最初にオロナインをたっぷり塗ったあと、10分くらいそのままにして、オロナインパックをします。

オロナインを流したら、あとは普通に毛穴パックをするだけ。

こうすることで、普通に毛穴パックをするのと比べて、角栓の取れる量が全然違ってきます。

本当に角栓がごっそり取れるので、毛穴パックの回数を減らすことができるので、肌への負担も軽減しますよ。

 - 角栓のケア

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

関連記事はありませんでした