大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

オイルクレンジングがニキビの原因に?正しい洗顔の選び方

   

肌の刺激が強いオイルクレンジング

 

オイルクレンジングはしっかりメイクも簡単に落とすことができるので人気です。

一方で、洗浄力が強すぎるため肌を傷めたり、ニキビの原因になることがあると言われています。

クレンジングの種類には、乳液タイプやクリームタイプ、ジェルタイプなどさまざな種類がありますが、その中でも一番洗浄力が強くて肌への刺激も大きいのがオイルクレンジングになります。

スポンサードリンク



 

 

洗浄力と肌への刺激は界面活性剤の料で決まる

界面活性剤というと、何となく肌に悪いものというイメージがありませんか。

確かに界面活性剤が多く含まれる化粧品は、肌への刺激が強いです。

そして界面活性剤は必要悪だとも思っています。(こちらについてはあとで詳しくお話しますね)

油と水は本来混ざり合いません。メイクのほとんどは油分ですから水だけでメイクを落とすことはできません。

そこで必要になってくるのが、水と油を乳化させて混ぜ合わせる成分である界面活性剤なんです。

ですから、界面活性剤の料が多ければ多いほど、肌への刺激は強くなってしまいます。

でも、メイクをしっかりと落とすために界面活性剤は必要不可欠な成分なんです。

メイクの濃さによって使い分けるのがポイント

界面活性剤は必要悪ですが、なるべく少ないものを選ぶのに越したことはありません。

オイルクレンジングのような界面活性剤がたくさん含まれるクレンジングは、しっかりメイクの人用です。

普段薄化粧の方は乳液タイプやクリームタイプのクレンジングでも十分です。

リップやアイメイクなどのポイントメイクは、ポイントメイク専用のリムーバーで落とすとよいでしょう。

ちなみにクレンジングの種類と界面活性剤の量は、一般的に

多 オイル>ジェル>クリーム>乳液 少

となっています。参考にしてくださいね。

界面活性剤不使用のオイルクレンジング?

メイクをきちんと落とすためには必要な界面活性剤ですが、界面活性剤は肌にとって猛毒であるような説明をしていることがありますよね。

そのため、「界面活性剤」と聞くだけで、肌に悪いもの!というイメージがある方もいらっしゃると思います。

でも、界面活性剤をまったく使わないでクレンジングをつくることは不可能だと私は思っています。

世の中にある「界面活性剤」不使用のクレンジングって、本当に界面活性剤が入っていないのか疑問です。

界面活性剤が入っていなければ水で洗い流すことができません。

水で洗い流すタイプでなく拭き取り専用のクレンジングであれば、界面活性剤を入れなくてもつくることができるはずです。

界面活性剤不使用で水で洗い流すタイプの洗顔は、本当に大丈夫なのかなと思います。

界面活性剤を必要以上に怖がって、成分表も見ずに「界面活性剤不使用」のクレンジングに飛びつくのは、ちょっと安直ではないかなと思います。

天然成分だったらいいの?

クレンジングの中には、「石油系界面活性剤不使用」「合成界面活性剤不使用」「天然由来の界面活性剤」などと謳われたものもありますよね。

確かに石油系界面活性剤は肌に悪影響ですが、今どきの化粧品には、そんな危険な成分はほとんど使われていません。

それでは、「合成界面活性剤」「天然由来の界面活性剤」はどうでしょうか。

クレンジングを選ぶときには、ケミカルかオーガニックか、化学成分か天然成分かではなく、肌への刺激と洗浄力のバランスで選ぶべきです。

天然成分という言葉を聞くと、何となく肌に優しいイメージがありますが、自然の中に生えている草花にも猛毒のあるものはたくさんあります。

皮膚に触れるとかぶれたりかゆくなったりするものもありますよね。

天然のものが危険だとは限りませんが、「天然」という言葉だけに踊らされて化粧品を選ぶというのは、ちょっと違うかなと思います。

なるべく界面活性剤を使わずに洗顔をするには

化粧は薄化粧が基本

界面活性剤に頼らず洗顔をするには、薄化粧をしていることが前提です。

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは油分がたくさん含まれているので、界面活性剤をたくさん使わないとメイクがしっかり落ちてくれません。

少ない界面活性剤でメイクを落とすには、パウダータイプのものを使いましょう。

ルースパウダー(粉おしろい)のみであれば、クレンジングではなく、普通の洗顔料でも十分落とすことができます。

ポイントメイクはオリーブオイルやベビーオイルで

界面活性剤の少ないクレンジングを使う際、なかなか落ちにくいポイントメイクは別に落とす必要があります。

ポイントメイク用のクレンジングもありますが、面倒でなければオリーブオイルやベビーオイルでも落とすことができます。

この方法であれば、本当に界面活性剤はゼロです!

オイルを手に取ったら、ポイントメイクとオイルを馴染ませるようにくるくるしてください。

メイクとオイルが馴染んだら蒸しタオル等で、優しく拭き取ります。

その後、普通に洗顔をするだけでOKです。

 - 洗顔

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

105971
洗顔ブラシは肌に悪いの?摩擦は大人ニキビの大きな原因に

洗顔ブラシの正しい使い方とは アメリカから火が付いた洗顔ブラシ。 日本でも美容家 …

040639
洗顔してもニキビが治らない│女性に多い間違ったスキンケア

皮脂が詰まりアクネ菌が繁殖して炎症が起きるというのがニキビができるメカニズムです …

013321
白ニキビに水洗顔は悪化の元|アクネ菌の餌になる皮脂が大繁殖!

基本は朝晩2回の泡洗顔を 10代でニキビは青春のシンボル。 多少できていたところ …

040639
スクラブ洗顔で肌荒れする女性|ニキビ肌におすすめの石鹸

  毛穴の汚れまでしっかり落とせることが人気のスクラブ洗顔ですが、人に …

101543
ザラザラの白ニキビに酵素洗顔|毛穴の皮脂詰まりを解消したい方

白ニキビには酵素洗顔がおすすめ ざらざらした白ニキビ、ぱっと見は目立たないけれど …

062428
ニキビを作らない正しい洗顔方法|間違ったスキンケアしてない?

ニキビを予防するためのスキンケアはいろいろなものがありますが、その中でも基本とな …

no image
水洗顔に好転反応はあるの?化粧品のセールストークに注意

肌の毒素が抜けている証拠?「好転反応」 洗顔料を使った洗顔は必要以上に皮脂を取っ …

162240
洗顔後に顔がヒリヒリする|肌バリアの低下はニキビの原因に

洗顔後の刺激感は敏感肌になっている可能性が 洗顔後に肌がヒリヒリとしてしまい、化 …

067075
ニキビがある時の洗顔は弱酸性?界面活性剤の量に注意

弱酸性=肌に優しいというわけではない 「弱酸性」という言葉って、最近よく耳にしま …

092733
ニキビがあるときの洗顔は水?お湯?本当に正しい顔の洗い方

水で毛穴は引き締まらない 皆さん、洗顔するときの水の温度ってどうしていますか。 …