大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

ニキビ治療のピルは副作用が心配|ホルモン療法のリスクを知る

      2016/09/28

092965

ニキビのできる原因の背景は、寝不足やストレスといったものだけではなく、生理不順や子宮内膜症など婦人科の病気が隠れていることもあります。

そこで、生理不順などがあり、ニキビもできている場合に婦人科を受診すると、ニキビ治療のためにピルが処方されることがあります。

女性ホルモンのバランスが狂っているなど、婦人科系のことが原因でニキビができる場合には、
低用量ピルを飲むとすぐにニキビは治ってしまうのも事実です。

しかし、ピルを服用することについて怖いというイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近の低用量ピルは、昔のピルに比べると副作用もずっと少なくなっています。

それでも、婦人科の病気ではなく、にきび治療のために薬を飲むことに抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。

ピルを安心して服用するためには、ピルの副作用をしっかり理解しておくことが必要です。
そこで今回は、低用量ピルの副作用と正しい付き合い方について考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


飲み始めに現れる副作用

低用量ピルを飲み始めたあとすぐに副作用が現れることがあります。
低用量ピルの飲み始めに代表され副作用は、頭痛、吐き気、むきみ、乳房の痛み、不正出血などです。
ちなみに、服用直後は副作用としてニキビができることもあります。

しかし、このような症状は、服用後大体1~2週間で良くなります。
もちろん、主治医に症状を報告することは必要ですが、副作用としてはそんなに心配する必要はない症状でもあります。

重篤な副作用について

ピルを服用する前に知っていただきたいことは、安全と言われる低容量ピルであってもまれに重篤な副作用のリスクもあるということです。

具体的には、血栓症、心筋梗塞、子宮癌などのリスクが高まると言われています。

このようなリスクは、一昔前の中~高用量ピルが処方されていたときには、よく現れていた副作用でした。
現在主に処方されている低用量ピルの場合、昔のピルに比べると安全になりましたが、医師の指示をしっかり守りながら正しく服用する必要があります。

ピルを飲むということは、リスクがあるということをちゃんと認識して、慎重に服用しましょう。

また、以前はピルの副作用として、乳がんのリスク高まるという指摘もありましたが、最近の研究ではごく小さいものであることがわかっています。

副作用を小さくするためにできること

ピルを服用することで現れる、血栓症、心筋梗塞などの重篤な副作用は、糖尿病や高血圧、喫煙などのある背景がある方にとっては、特にリスクが高まると言われています。

そのため病院でピルを処方するとき、副作用のリスクが高いと判断される人は、ピルが処方されない場合もあります。
そのとき、医師は問診票や検査を元にピルを処方できるかできないかを判断していきます。

ピルの副作用をなるべく避けるためにも、問診票には正しく答えて、副作用のリスクが高いタイプでないかを確かめておく必要があります。

問診票の質問や、特に過去の病歴には、正しく答えるようにす心掛けましょう。

過去の病歴によっては、副作用のリスクが高い場合があるのです。
また、副作用に関わる体の兆候がないかどうか、ピルの服用中は、定期的に医師のチェックや定期検診を受けることが重要です。

このように、ピルによる副作用のリスクを減らすためには、服用中は定期的に病院を受診して、医師の指示にはきちんと従うことが重要です。

ピルを服用することのリスクを正しく知った上で、正しい服用をすることで、安全にピルを飲み続けることができるのです。

 - ホルモンバランス

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

064977
生理前こめかみにニキビができる女性|固形石鹸シャンプーの効果

生理前になると、普段はそんなところにニキビができるはずがないところにできてしまう …

no image
生理前のスキンケア方法|ニキビができやすい時期にやるべき3つの事

生理前はスキンケアを変える 生理前はホルモンバランスが乱れやすくなって 普段ニキ …

no image
ビルをやめたらニキビが増えた|おすすめの漢方薬

ピル服用中止後の体調が不安   ピルの服用は、肌荒れを防止する効果があ …

117829
生理前1週間の肌荒れ対策|ホルモンバランスを安定させる方法

生理前1週間はホルモンバランスが不安定 生理前になるとお肌の調子が悪くなると言わ …

093916
ニキビ治療のピルは保険適用?マーベロン費用について

ニキビ治療薬ではないピル 一般的には避妊や生理不順、婦人病治療の目的で 使われる …

117830
ニキビができたら婦人科に行く?ホルモンバランスと病気の関係

ニキビ=病気とすぐに考えない ニキビが突然できると「何か病気のサインなのでは?」 …

117824
生理前になるとニキビができる理由|肌とホルモンの関係とは

肌に影響を与える二つの女性ホルモン 普段はニキビができることはなくても、生理前に …