大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

顔の角質はピーリングジェルで落ちる?肌をこするのはニキビの元

      2016/09/03

ポロポロの多くはジェルの成分

020904

にきび予防のために定期的にピーリングをしている方も多いのではないでしょうか。

20代以降のお肌は、10代のころに比べ、新陳代謝が低下しています。

そのため、古い角質がたまりやすくなります。

古い角質がたまると、肌が乾燥しやすくなって大人ニキビの原因にもなります。
そんな古い角質をきれいに除去してくれるのがピーリングです。

ピーリング剤にはいろいろなタイプのものが出回っています。

ピーリング洗顔や習い流すタイプもの、ジェルタイプなど、さまざまです。

ポロポロの正体は何?

なかでもジェルタイプのピーリング剤は、顔を濡らしたりせずに、手軽に角質を除去することでできるので人気です。

お肌にジェルを付けて、くるくるこすると、角質がポロポロ落ちることが快感でやめられない!っていう方も多いんですよね。
でも、ピーリングジェルを使ったときに出てくるポロポロは、本当に角質なんでしょうか。

消しゴムカスのような、ピーリングジェルの角質が落ちてるところの写真をよく見かけますが、あんなに角質って落ちるものだろうかと疑問に思っていました。

あるピーリング剤のホームページにも書いてありましたが、あのポロポロの大部分はジェルの成分だということです。

ピーリングジェルで肌をこすることによって、ジェルがお肌の古い角質を巻き込みながらポロポロの状態になっていくということですね。
ちょうど消しゴムで鉛で書いた文字を消すような仕組みと同じような感じですね。

ですから、ポロポロの大部分消しゴムカスの消しゴムに当たるもので、大部分はジェルそのものの成分ですが、その中に古い角質の汚れもまきこまれて入っているということです。

ポロポロ全てが古い角質というわけではありませんが、ポロポロの中に古い角質も入っているのです。

スポンサードリンク



角質をこすり取ることの危険性

ピーリングは古い角質を薬剤によって柔らかくして取り除くものです。

ピーリングの成分はそれなりにお肌に与える負担も大きいです。

ですから、間違った使い方をすると、古い角質だけでなく、健康な角質層まで落とすことになるため、乾燥肌や肌荒れの原因になってしまいます。

ピーリングジェルは肌をこすることによって角質を落とします。
私はこの肌をこするということに疑問を感じます。

スキンケアをするに当たって、お肌をこするというのは厳禁です。
肌をゴシゴシこすると、角質に小さな傷が付いて肌が敏感になったり乾燥しやすくなったりするからです。

特にピーリングジェルは、ポロポロを肌にこすり付けるようなかたちになるので、お肌に与える負担はかなり大きくなります。

ピーリングジェルを使ってポロポロがたくさん出るのは確かに快感ですし、手軽でやりやすいものですが、肌への負担と効果を考えると、あまりお勧めできないピーリングです。

お勧めは乳液タイプのピーリング

ピーリングを使うときにはなるべく肌に負担のかからない方法で行いましょう。
おすすめなのが水で洗い流すタイプのピーリング剤です。

水で洗い流すタイプのピーリング剤は、乳液タイプでさっとお肌と馴染みますし、洗い流すので、ポロポロこするよりも、肌への摩擦は少なくて済みます。
ピーリングジェルのように、こすって落とすタイプや拭き取りタイプは、肌の摩擦が大きくなりますので、あまりお勧めできません。

早くニキビを治したいからといって毎日ピーリングをするのも肌を傷める原因になってしまいます。

ピーリングは週に数回、お肌の調子がいいときに行ってください。

ピーリングを定期的に行うことで、古い角質をそのままにしないで、ニキビをつくらないようにする、予防的な立ち位置で使うことをおすすめします。

 - ピーリング

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

関連記事はありませんでした