大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

ニキビがしこりになって治らない女性|血流と肌の関係は密接

      2016/11/16

根気強いスキンケアが必要

115518

アラサー世代になると傷やニキビが治りにくくなると感じることってありませんか。

大人ニキビは、10代の頃のニキビよりも頑固なものが多いですよね。

アラサー世代によくできるタイプのニキビの中でも、治りが悪くてやっかいなのが、肌の奥でしこりのような状態になってしまったニキビです。

「しこりニキビ」や「こもりニキビ」とも言われますね。

しこり状になったニキビは、おでこや鼻などのTゾーンにはできにくく、顎や首筋などのUゾーンに多く現れるのが特徴です。

どうしてしこり状のニキビは、普通のニキビと比べて治りにくいのでしょうか。
ニキビが肌の奥でしこり状になっているときは、ニキビの毒素が体の外に排出されないでそのまま残っているような状態です。

30歳前後になると、若いころに比べるて新陳代謝が活発でなくなります。
毒素が体の中に滞留しやすくなるため、このような治りの悪いニキビができやすくなるんです。
こもにニキビが顎や首にできやすいのは、おでこや頬に比べると毛穴が小さく、毛穴も詰まりやすいですし、体の毒素が排出されにくい部分だからなんです。

スポンサードリンク


こもりニキビができやすい「瘀血」(おけつ)体質とは?

このようなしこりのあるニキビができやすい方、体の中に毒素が滞留している状態のことを東洋医学の世界では「瘀血」という状態であると考えます。

漢方では、血の巡りが人の体にとって非常に大切なものであるとされています。
血流が悪い「瘀血」の状態の体は、毒素を含んだ新鮮でない血が体に行き渡っている状態です。
そのため、いろいろな体の不調の原因になると考えます。

血の巡りが悪く、毒素を含んだ血液が顔のお肌に停滞することで、肌の内側にこもったようなニキビができるというわけですね。

瘀血体質の方は、ニキビができやすいだけではありません。

便秘気味、生理痛が重い、冷え性であるといった症状があります。
顎や首にこもにニキビができやいことに加え、このような症状がある方は、瘀血体質であるということが言えます。
ニキビを治すためには、まず瘀血の症状を緩和する必要があります。

瘀血とは、東洋医学の用語でもありますように、瘀血を改善するには漢方薬が効果的です。

瘀血に体質に用いられる漢方薬として、代表的なものは、桂枝茯苓丸加味逍遥散といったものがあります。
お尻にできやすい、おできのような肌の内側にこもったニキビには、十味敗毒湯も効果的です。

しかし、便秘気味の方には効果がないとされています。

これらの漢方薬はドラッグストアでも簡単に購入することができます。
大人ニキビの場合、スキンケアの方法よりも体質に問題があることが多いです。
そのためスキンケアと平行して漢方薬で体質改善をおこなうと効果が高いんですよ。

血の巡りをよくする生活習慣

瘀血を改善するためには、漢方薬と平行して生活習慣を見直すことも重要です。
生活習慣のなかでも一番大事なのは、適度な運動をすることです。
女性の場合、スキンケアでもダイエットでもそうですが、なぜか食べ物で改善することばかりを気にして、運動をしない方が多いんです。

特に日頃まったく運動をする習慣がないといった方ほど、運動をするとお肌によい効果が表れやすいです


まとまった時間を取ることが難しい場合でも、なるべく体を動かす習慣をつけましょう。

エレベーターではなく階段を利用する、仕事が早く終わった日は一駅分あるいて帰るなど、日常生活な中から工夫をして少しずつでも運動をすることが大切です。

代謝を上げることでニキビを治す|女性におすすめの簡単筋トレ

 - ニキビの状態別

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

no image
黒ニキビができたらどうすればいい?クレンジングは逆効果

毎日きちんとスキンケアをしているのに、黒ニキビが消えなくて悩んでいるという方はい …

no image
ニキビが炎症して腫れてきた|肌のクレーター化を予防するには

赤ニキビや黄ニキビはクレーターの原因に ニキビが炎症して腫れてくると赤ニキビや黄 …

113400
生理前顔が乾燥でかゆい|うっかりニキビを潰してしまう方へ

生理前になると、顔がかゆくなるときがありませんか。 ニキビのあるところがかゆくな …