大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

メイクしたまま寝たときの対処法|ニキビができないか不安な方へ

      2016/11/24

042870

メイクをしたまま寝てしまって、次の日後悔してしまうことはありませんか。

私はお風呂に入る気力もないくらい、すごく疲れている日や、飲み会で帰りが遅くなった日など、メイクをしたまま寝てしまったことがあります。

次の日はニキビができてブルーになりました。

それからしばらくして、テレビで「メイクをしたまま寝るのは、1カ月間洗顔しないことと同じ」という話を聞いてぞっとした経験があります……。

でも、メイクをしたまま寝てしまったからと言って、「肌が汚くなる!」と諦めるのはまだ早いです。

そこで今回は、メイクをしたまま寝るのは、本当のところ具体的にどのくらい肌に悪いかということと、その対処法についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

メイクをしたまま寝るとニキビができる?

化粧品の多くは油分を含んでいます。

ニキビができる原因は、毛穴が皮脂で汚れたところに、アクネ菌が繁殖することによるものです。

同じように、化粧品も皮脂と同じ油が多く含まれています。

ですから、化粧品の油分が原因でニキビができることもあります。

メイクをしたまま寝ることは、当然ニキビの原因になります。

また、肌の新陳代謝は寝ている間に活発になります。

化粧をした肌は油分のほかに、ほこりや排気ガスなど、さまざまな汚れも付いています。

これでは、正常な新陳代謝の妨げになってしまいます。

どんなに面倒でも、寝る前はレンジングでしっかりメイク汚れを落とすべきです。

メイクをしたまま寝てしまった日は、次の日は必ずクレンジングをするようにしてくださいね。

メイクの汚れは、油分をたっぷり含んでいますので、普通の洗顔では完全に落ちません。

ミネラルファンデなどを使っている場合は別ですが、ファンデーションを使ったらクレンジングは必須です。

クレンジングは肌に悪いからといって、使うのを避ける方もいらっしいゃますが、汚れをしっかり取ってニキビを作らないためにも、必ずクレンジングをしましょう。

メイクをしたまま寝るとシミになる?

メイクをしたまま寝てしまうと、ものすごーく肌に悪いというイメージがありますよね。

メイクをするとシミになるとか、化粧品の成分が肌の奥まで入っていくとか、いろいろなうわさを聞きますが、どこまで本当のことなのでしょうか。

まず、メイクをしたまま寝ることで、シミになることはありません。

シミの主な原因は、加齢、紫外線、ニキビなどの傷跡です。

メイクのような油汚れを放置しただけでは、即シミになるようなことはありませんので安心してくださいね。

また、現在の化粧品の成分は、分子が大きいので肌の内部にまで浸透することはありません。

化粧を落とさずに寝たとしても、有害物質が体の内部に深層することもありません。

また、最近の化粧品は、化粧品の色素が肌に沈着してシミになることもありません。

これも心配しなくても大丈夫です。

かといって、夜のクレンジングが必要ないというわけではありません。

1日くらいメイクをしないまま寝たからといって、今すぐ肌に大変なことが起こるというわけではありません。

しかし、ニキビを作らないためにも、その日の汚れはその日のうちに落として、お肌の新陳代謝をしっかり促すようにしましょう。

原因は睡眠不足にあるかも

メイクを落とさないで寝てしまった翌朝、ニキビができていると、洗顔せずに寝てしまったことを後悔するかと思います。

しかし、原因はそれだけではないかもしれません。

メイクを落とす余裕もなく寝てしまうような日は、寝る時間も遅く、睡眠時間も短いのではないでしょうか。

メイクを落とさないことよりも、寝不足のほうが、実はお肌にとってはずっとよくないのです。

睡眠不足になると、ホルモンバランスが乱れ、ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

特に大人ニキビの場合は、睡眠がニキビの原因になっていることがとても多いです。

生活習慣を見直せば、あっさりニキビが治ったりもします。

一度、日ごろの生活習慣も見直してみてはいかがでしょうか。

 - 睡眠

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

no image
仕事が忙しくてニキビができやすい女性|お肌によい睡眠法

睡眠不足でニキビができる原因 私は6時間以下の睡眠時間が続くと必ずニキビができま …

no image
睡眠不足でもできるニキビ対策|肌に優しい夜勤の過ごし方

私にニキビができているのは仕事が忙しいせい 夜勤があるので睡眠不足になるせいだ …