大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

肌の水分量を測定する方法|私は乾燥?脂性肌?

   

187538

ニキビの原因は毛穴が皮脂詰まりを起こしてそこにアクネ菌が繁殖することにあります。

だから脂性肌だとニキビになりやすいのですが、逆に乾燥肌でもニキビができやすくなります。

肌が乾燥していると毛穴が詰まりやすくなってしまうんですね。

脂性肌であっても乾燥肌であってもニキビやできやすくなりますが、肌質によって対処方法は変わっていきます。

脂性肌であれば、過剰に分泌する皮脂を抑える必要がありますし、乾燥肌であれば、保湿をおこなって毛穴が詰まらないように角層を正常な状態にする必要があります。

ですからニキビケアを行う前には、自分の肌が脂性肌なのか乾燥肌なのかを知っておく必要があるのです。

そこで今回は自分の肌質を知る方法について考えてみたいと思います。

機械で肌の水分量を測るのは難しい

デパートなどの化粧品売り場に行ったとき「肌の水分量を測ってみませんか」と声を掛けられたことはありませんか。

化粧品カウンターには肌の水分量を測る機械があって、美容部員の方が機械を肌に当てて、肌の水分量を測ってくれることがあるんですが、あれって本当にお肌の水分量がきちんと分かるんでしょうか。

お肌の水分量を知るには、肌の表面の水分量はもちろん、肌の奥にある「真皮」と呼ばれている部分の水分量が大切です。

針のようなものでお肌の内部の水分量まで測るのであればまだ分かるのですが、あのような機械で真皮の水分量まで測れるとは思いにくいです。

また、肌の表面の水分量はファンデーションを塗っているかどうかや空気の乾燥度合いによっても違うはずです。

デパートの化粧品カウンターは、空調が効いているせいもあって、湿度は低めであることが多いです。

ですから肌の表面も乾燥しているので、肌の水分量を測定したときに乾燥肌と出るのは仕方のないことだと思います。

空気が乾燥しているときは肌の水分量が十分であっても乾燥肌と出る場合もあるでしょうし、その逆といった場合もあるでしょう。

肌の内部まで正確に水分量を測るのはとても難しいことなんです。

脂性肌であっても肌は乾燥する

「乾燥肌の反対が脂性肌だから、脂性肌の私に保湿は必要ない」そう思われがちですが、間違いです。

乾燥肌というのは、肌の水分量が不足している状態であって、油分が不足しているわけではありません。

乾燥肌と乾燥肌は逆の状態ではなく、水分と油分は別々に考える必要があります。

ですから脂性肌であっても肌が乾燥することがありますし、その逆で乾燥肌で油分も多いという状態もあり得ます。

乾燥肌の方が肌の水分量を増やすために油分の多いクリームや乳液をたくさん使う場合があります。

しかしニキビのある方の場合、油分が不足しているということはあまりありません。

ニキビがあるときに油分の多いスキンケアをしてしまうと、化粧品の油分のせいで余計にニキビが増えることもありますので気を付けましょう。

 - 乾燥肌

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

no image
生理前のニキビがかゆい|肌が敏感になったときの対処法

アラサー世代になると、年を重ねるに従ってだんだん肌が乾燥しやすくなりますよね。 …