大人ニキビの治し方|アラサー女子のスキンケアTIPS

大人になってもニキビが治らない女性のための情報を紹介中

>

出産後にすべきニキビ対策|時間がない女性のシンプルスキンケア

      2015/11/11

069944

出産後の生活は、育児に追われて
思うように時間を取ることができなくなってしまいます。
それまでのように自分自身のことで時間が使えなくなり
スキンケアも後回しになりがちですよね。

それなのに、お肌は妊娠前と変わって
ニキビができやすくなったり、肌荒れしやすくなります。
そこで今回は、時間のないママが最低限やるべき
スキンケアについて考えていこうと思います。

スポンサードリンク


こどものお散歩時には注意して!

確かに出産すると、ホルモンバランスの変化などにより
肌にトラブルが起こりやすくなります。

ホルモンバランスによる肌の変化はどうしようもありませんが
赤ちゃんのいるママにとって見落としがちなことがあります。
それは赤ちゃんとのお散歩や買い物に出掛けるときのUV対策。

出産してからニキビができやすくなったり、肌が黒っぽくなった
シミができやすくなったと訴える方が多くいらっしゃいます。
しかし、その肌トラブルの原因は、ホルモンバランスのせいではなく
UVケアが甘いことが原因であることが多いのです。

これまでオフィスワークなど屋内にいることの多かった方が
公園や買い物などで日に当たることが多くなると
これまでと同じUVケアだけでは駄目です。

ちょっとの買い物だからといって何もUVケアもせず
しかもすっぴんで出掛けたりしていると
それはシミや肌荒れの原因になってしまいます。

特に出産後の肌は、紫外線に敏感に反応するようになっています。
外に出るときには、例え短時間であっても
UVケアは徹底的におこないましょう。

ファンデーションや日焼け止めだけでなく
日傘、スカーフ、アームカバー帽子などを使いながら
紫外線対策をする必要があります。

オールインワン化粧品がおすすめできない理由

時間がないときに便利なスキンケア化粧品が
ワンステップで全ての工程を終えるときのできるオールインワンですが
出産後に使うのはあまりおすすめできません。

出産後の肌は敏感に傾くことが多く
刺激の強い化粧品はニキビや肌荒れの原因になります。

オールインワン化粧品には、いろいろな成分を一つのジェルなどに
まとめる必要があります。
そのため化粧品を安定させるために
余計な成分がたくさん入っていることが多いんです。

それが肌への刺激になって、ニキビや肌荒れを引き起こすことがあります。
出産後の敏感肌にはシンプルスキンケアが基本です。

シミやニキビができやすいからといって
美白化粧品やピーリングを使うと
かえって肌への刺激になることが多いです。

出産後の忙しい時期は、オールインワンに頼らなくても
洗顔後は化粧水、保湿美容液くらいで十分ですよ。

 - 産後

スポンサードリンク

360

360

  関連記事

095004
授乳中の寝不足で肌荒れ|短時間で効率的な睡眠方法を紹介

2時間おき、3時間おきの授乳は辛い! 育児中の皆さん、毎日お疲れ様です。 生まれ …